【体験談】子育てママにおススメ!掃除が楽になる!楽しくなる!役立つ掃除テクニック3選

多忙な子育て中のママにとって家事は出来るだけ精神的な負担を軽くしてこなしたいもの。
例えば、掃除がもっと楽だったら、楽しくできたら、苦手な掃除もやる気になるのに…。と思った事無いですか?

今回は、これは使える!楽で楽しく経済的な掃除テクニックを3つご紹介します。使うアイテムは普段捨ててしまうものばかり。

合成洗剤を使わないから成分を洗い流す手間もかからず、汚れがスルッと落ちるので楽に楽しく掃除ができますよ。節約効果もバッチリなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

油(皮脂)汚れはおまかせ!米のとぎ汁

普通は捨ててしまう米のとぎ汁。オリザオイルが含まれているので、実は油(皮脂)汚れを落とす効果があるのです!私がぜひおすすめしたいのは以下の掃除。

● 食べこぼしの染み抜き
● 油でギトギトの食器類

● 電子レンジやIHなどキッチン周り
● 皮脂汚れが付きやすいお風呂

● 足裏の皮脂でベタつきがちなリビング
● 油が飛び跳ねやすいキッチンなどのフローリング

など、実にさまざまなシーンで大活躍!私は米のとぎ汁をスプレーボトルに入れて、いつでも水の代わりに使えるようにしています。

子供がシャツに食べこぼしたら、すぐにシュッとひと吹き!IHに油が跳ねたら、温かくて落としやすいうちにシュッ。

フローリングのベタベタやくもりに気付いたら、後回しにしないですぐに米のとぎ汁をスプレーして拭いてしまいます。

水を使える所ならどこにでも使えて便利ですよ。さらに、合成洗剤掃除のように2度拭きする必要がないのでパパッと掃除が終わります。

窓や床掃除に!発泡パワーと速乾の炭酸水(無糖)

余ってしまった無糖の炭酸水を捨てていませんか?ぜひ、掃除に活用しましょう!炭酸の泡パワーが汚れを浮かせて落としやすくしてくれます。またすぐに乾くので、拭き跡が残りにくい&仕上げの乾拭きが不要なのも嬉しいポイント。

私は、水だと拭き跡がどうしても気になる窓ガラスや鏡、水に弱いフローリング掃除に活用しています。ついでに、リモコン、メガネなどの小物類も拭いてしまいましょう。

「炭酸水が余ったけど、今は掃除したくないな」という時は、キッチンやお風呂の排水口、ザルなどを浸け置きしています。細かい目の汚れや黄ばみが、擦らなくてもスッキリ落ちていますよ!

ちなみに、炭酸が残っていなくても掃除に使えます。炭酸水は弱酸性なので、反対の性質を持つアルカリ性の汚れに効果を発揮。

具体的には、

● ポット・シンク・水栓の水垢やくもり
● 便器の黄ばみやにおい

など。弱酸性なので洗浄力も弱めですが、その分素材も手肌も痛めません。ぜひ、普段のお手入れに使ってみてください。

シンクピカピカ!グリルのにおい消しにもみかんの皮

みかんが美味しい季節になりましたね。食卓にみかんがあがっているご家庭も多いことでしょう。

美味しく食べた後は、みかんの皮を掃除やにおい消しに活用するのがおすすめ。身体にいいだけでなく、掃除アイテムとしても優秀です!

みかんの皮には、油汚れに強い「リモネン」。アルカリ性の汚れ(水垢など)に強い「クエン酸」が豊富。さらには「ペクチン」でコーティングして、掃除後のキレイを持続する効果まであります。

シンクや蛇口を皮の外側(オレンジの方)で磨けば、ピカピカにしてキレイを持続!また、電子レンジや魚焼きグリルなどのにおいも落とします。除菌・消臭効果があるので、掃除後は洗い流さずにそのままにしておいてくださいね。

ちなみに、子供が書いた油性ペンやクレヨンのいたずら書きも、みかんの皮で擦ると消せる場合がありますよ。

みかんの皮は掃除効果が高く、何より心地よいみかんの香りに包まれていると楽しく掃除ができます!ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

楽で楽しい!さらには、節約もできる経済的な掃除テクニックを3つご紹介しました。全てナチュラルクリーニングなので、小さな子供やペットがいるご家庭でも安心です。さらに手肌にも優しいので、手荒れが気になる冬の季節は特に嬉しいですね。

また、子供にも使えるアイテムばかり。おうち時間に、子供と一緒に掃除するのも楽しそうですね。掃除は、子供の知育にも繋がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする