【体験談】仕事と子育てを両立するために!時間を生む家事時短テクニック~洗濯・収納編

仕事と子育ての両立をしているママにとって、毎日の洗濯・洗濯物の収納は辛いものです。でも、子供がいると洗濯しないわけにもいかない…。

そこで、洗濯に関する時短法をご紹介します。洗濯もろもろの時間や労力をカットできれば、ぐ~んと仕事と子育てが両立しやすくなります。

家事に使っていた時間を子供や自分のために使えるようになると、「また明日も頑張ろう」と前向きな気持ちになります。仕事と子育てを頑張っているワーママさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<洗濯の時短>洗濯物を減らす!

子供がいるとなんだかんだと汚れ物が出るので、毎日の洗濯は必須ですよね。洗濯は、量に比例して時間や労力が増えます。

洗濯機の給水量が増えその分時間がかかりますし、乾燥機を使う場合も量が多いとそれだけ乾燥時間を要します。また、干す・収納するのにも手間取りますよね。

そこで私は、洗濯を時短するために、洗濯物を出さない工夫をしました。衣類を減らすのは難しいので、例えば以下のものの使用をやめてみたところ、洗濯だけでなくさまざまな労力を省くことに成功!

おしぼりをやめる

毎日の洗濯に消毒…。おしぼりは、手間暇かかる割にはすぐに汚れが染み付いて、見た目も悪くなってしまいますよね。

そこで、おしぼりをやめてペーパータオルを使うことに。食卓で使った後は、IHや水栓周り、ゴミ箱などを拭いてから捨てます。

そのまま捨てるのは勿体ない気持ちが働き、苦痛を感じることなく自然に掃除もできる、洗濯物も除菌の手間も減る!メリットいっぱいです。

マット類をやめる

バス・キッチン・玄関・トイレなどのマット類は、洗う、干す、掃除機がけなど、日々のお手入れが面倒ですよね

特にトイレマットは、衣類と一緒にするには抵抗があるので別に洗濯、洗っても染み付いた臭いは落ちない…など、ストレスを感じていたのでやめてスッキリ!さらに、マットがないと掃除がとても楽になりました。

バスタオルをやめる

バスタオルはかさばりますしなかなか乾きません。すぐゴワついてしまい、ふんわり感を維持するのも大変ですよね。バスタオルをやめてタオルに代えたら、「なんで今までバスタオルにこだわっていたのだろう?」と不思議に思うほど快適です!

子供もバスタオルだと大きくて使いづらかったようです。タオルにしたら、背中を拭けるようになりました。

ライフスタイルにもよると思いますが、「必要ないかも?」と思うものがあったらやめてみましょう。時短だけでなく、買い替える必要がなくなるので節約効果もありますよ。

<収納編>ハンガー収納&ボックス収納

洗濯物をハンガーで干した後、そのままクローゼットのポールにかけるとかなりの時短に。ボトムスも小さな子供服も畳まずに全部ハンガー収納します。小さな子供服は、子供用のハンガーを使うと首回りが伸びませんよ。100均でも購入できます。

あとでアイロンをかけようと取りあえず山にしておく…。洗濯物あるあるですが、乾いたらすぐにそのままクローゼットにかけてしまいましょう。

かけておけばシワが伸びるので、私は普段着ならアイロンはしません。ちなみにシャツ類などはノーアイロンの商品を購入しています。

また、下着や靴下はササっとまるめてボックスに入れて終了。箪笥だと綺麗に並べなくてはいけませんが、ボックスなら気にせずに収納できます。さらに、脱衣所などに持ち運べるので便利ですよ。

また、ボックス収納なら小さな子供にもお手伝いを頼めます。小さな子供でも想像以上に即戦力になりますから、いろいろなお手伝いをお願いしてみてください。子供は驚くほどすぐに覚え、みるみるうちに上達します!子供も大好きなママに頼られて喜びますよ。

まとめ

皆さんと同じく、仕事と子育てを両立しているワーママが実践している、洗濯時間と労力をカットする方法をご紹介しました。洗濯は毎日のことです。時短できれば、仕事や子育てに忙しいママは大助かりですよね。

これまで当たり前に使っていたものをやめてみるだけで、洗濯・干す・収納といった時間や労力をかなり軽減できます。

また、小さな子供でもいろいろなお手伝いをお願いすれば(危なくないもの)、すぐに覚えて即戦力になってくれますよ。ぜひ参考に、毎日の家事時間を短縮して、子供や自分のために使いましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする