【体験談】子育てで時間が無いママへ!自分の時間をつくるとっておきの方法

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20181110330post-18726.html

育児だけでなく家事、場合によっては仕事や職場での付き合いも…

子供を作るママさんにとって自分だけの時間を作るのは至難の業だと思います。

しかし、自分の時間を作れないと育児に余裕がなくなりイライラ、負のスパイラルに。

そこで子育てで時間がないママさんが、自分の時間を作るにはどうすればいいのか検証してみます。

ぜひ参考になさってください。

自分の時間が取れない原因を考えてみよう

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20181153326post-18630.html

子育てをしていると、どうしてもママさんが自分の時間を作るのは難しいですよね。

いつの間にか子供中心の生活になり、自分のことはほったらかしに…

旦那さんのご飯も作らなくてはいけないですし、気分転換なんてなかなかできません。

では、育児中に自分の時間を作れないのは何故なのでしょう。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20181148326post-18642.html

主な理由は以下のものが多いのではないでしょうか?

  • 子供がまだ小さくて手を離せない
  • フルタイム勤務や共働き

まずは、自分の時間を作れない理由を客観的に見つけることが大事ですね。

原因が分かれば、解決の糸口が見える気がします。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20171104329post-14213.html

しかし、どちらも根本的に解決するのは難しいかと思います。

子供が小さいうちならば時間が解決しますが、それでも心身に負担がかかっているのは事実ですし、働いているのであれば、そう簡単に職場を離れることができません。

どうにかして、ママさんがリラックスする時間を確保したいですね。

【実証済み】自分の時間を確保する方法

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20181149326post-18638.html

さきほどはママさんが自分の時間を作れない理由をご紹介しましたが、ここからは具体的に自分の時間を確保する方法を、実体験を交えてご紹介します。

お子さんの年齢によっては、案外簡単に実践できるものもありますからぜひ活用してみてくださいね。

自分の時間を確保する方法① 一時預かりサービスの利用

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20181149326post-18639.html

たまに息抜きするために、旦那さんや実家にお子さんを預けるママさんも多いかと思います。

しかし、いざ休もうと思っても子どもの世話を頼むのは気まずかったりタイミングやスケジュールが合わなかったりします。

そういったときには、思い切ってファミリーサポートや託児所を利用してみましょう。

コストはある程度かかりますが、最近は赤ちゃんの頃から預けられる施設も増えています。

近隣で子供を預けられる人がいない場合にも役立ちますし、一時的にでも自分の時間が作れるので短時間のリフレッシュに最適ですね。

自分の時間を確保する方法② 朝・夜を活用しリフレッシュ

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20171101329post-14209.html

子供を寝かしつけるのって、案外エネルギーを使いますよね。

夜子供を寝かしてからお皿を洗ったり洗濯をすると、いつの間にか日付が変わりそうになっていたり。

数時間寝たらまた早朝に子供が起きますし、旦那さんを起こさなければなりません。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/201811573308-8.html

その場合、夜は子供と一緒に寝てしまい、翌朝旦那さんを送り出したら少しコーヒーを飲んでゆっくりしてから家事をするなどの工夫でだいぶリフレッシュできるかと思います。

育児を休むのは難しいので、なるべく家事を時短にしてオンオフを切り替えることができるといいですよね。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20181149326post-18640.html

また、昼間お子さんが寝ている時間に、ラジオ体操やストレッチをするのもオススメですよ。

最近はお家でも楽しめるエクササイズ動画がアップされたりしています。

私も昼間一息ついたあとに、5~10分ほどのエクササイズ動画を見ながら体を動かしています。

私の場合、youtubeに投稿されているこちらの竹脇まりなさんのストレッチ動画を活用しているのですが、3分程度のものもありスキマ時間を利用してしっかり運動できます。

運動をしたらよけい疲れそうですが、無理をしなければ逆に頭がすっきりしますよ。

抱っこが続ているママさんは体中パンパンなことが多いので、体を伸ばしたり、腕を伸ばしたりすると血行促進にも役立ち一石二鳥です。

この場合ほんの数十秒で済みますから、忙しい朝や寝る前でもリフレッシュ可能ですね。

筆者のおすすめ アラームや効果音を利用して仮眠

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20150147015post-5055.html

私も忙しい日々の中で色々なリフレッシュ方法を実践していますが、その中でも特におすすめなのがスマホを活用し数分~10分程度横になることです。

私の場合は10分アラームを設定して、youtubeでメトロノームの音を流しながら布団に横たわり、目を閉じて手足の力を抜くようにしています。

その際もちろん眠れたら最高ですが、眠らなくても目を閉じるだけでだいぶリフレッシュします。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20200341076post-26278.html

私は去年から子猫を飼っているのですが、やはり動物も人間の赤ちゃん同様お世話に時間がかかりますよね。

人間よりも体内時計が正確なようですから、朝ごはん・夕ご飯はきっかり決まった時間にあげていますし、おもちゃで遊ぶときは人間も結構なエネルギーを消費します。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20170815213post-12707.html

しかし、子猫がお昼寝をしているときにほんの10分、布団に横たわり全身の力を抜くだけで身体がラクになったのです。

睡眠時間も少ないので、目覚めもぱっちり。

それ以降安眠にメトロノームの音がいいと聞き、時短リフレッシュのためにアラーム、安眠の為にメトロノーム音を利用しています。

子育て中のママさんも、赤ちゃんがお昼寝している間の数分~10分間、一緒に布団に横になって気持ちを落ち着けてみませんか?

先輩ママからのワンポイントアドバイス

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20150158015post-5064.html

忙しいママさんが自分の時間を作るための方法をいくつがご紹介しました。

どれも気軽にできるものとはいえ、やはりタイミングが難しいですよね。

そういったママさんはまず気分転換を行動に移す前に、自分のやりたいことをリストアップするのもいいかと思います。

美味しい紅茶を飲むとか、スイーツを食べたいとか、新しいシャンプーを買うとか、些細なことで構いません。

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20151101331it-3.html

そうするとモチベーションにも繋がりますし、やりたいことを実現するためにどれくらいの時間が必要か具体的に分かってきます

育児も家事も、大事なのは無理をせず続けること。

疲れているときはリフレッシュして、時にはサービスや周りの人の手を借りて充分自分を労わったうえで、お子さんと向き合ってくださいね。

まとめ

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20151101331it-3.html

今回は育児に忙しいママさんが自分の時間を作るには?という話題をお届けしました。

毎日家事もして育児もして、となると体も心も疲れてしまいますよね。

そういったときは短時間のリフレッシュをして、自分をケアしてあげてください。

余裕が無いなかで育児をしていると、注意力も下がり悪循環ですもんね。

ご自分に合った方法で、快適なママさんライフをお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする