【体験談】「男の子」ってどうしてこうなの?ママが楽になる男の子の育て方

可愛いんだけど、大変な男の子の子育てに悩むママさんも少なくありません。

女の子は楽なのに、男の子はどうして手が掛かってしまうのでしょうか?
実は、男の子の子育てには、ちょっとしたコツがあるのです。

意外と単純な男の子の育て方について、詳しくご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ママが男の子の子育てに悩む原因

ママさんが男の子の子育てに悩む原因とは、何があるのでしょうか?

いくつかご紹介したいと思います。

底抜けの元気に振り回される

まず、女の子と男の子の大きな違いが、体力です。
体重も重い上に、元気いっぱいに走り回ります。

散歩のついでに少しだけ公園で遊ぼうと思っても、なかなか帰ってくれず息子に振り回されてしまったなんてことはありませんか?
これは、男の子を育てるママさんならあるあるですよね。

とにかく男の子を育てるママさんはたくましくないといけません。

極度のママっ子

さらに、男の子はママっ子が多いことも特徴です。

私の息子も極度のママっ子で、下の子が生まれてからは赤ちゃん返りをして大変でした。
トイレまで付き纏われてしまうことも日常ですよね。

可愛いですが、ちょっぴり愛が重たいと思ってしまいます。

病気に掛かりやすい

また、男の子は病気に掛かりやすい傾向にあります。

女の子に比べると免疫力が低いのか、季節の変わり目には必ず風邪をひいてしまいます。
また風疹やおたふくかぜなど流行病にも必ず掛かってしまい、看病疲れをすることもありますよね。

【実証済み】分かった!意外と単純な男の子の育て方

男の子の育て方は、意外にも単純でちょっとしたコツで、男の子を育てるのが楽しくなりますよ。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スキンシップを大切に

男の子に接する時に大切なのは、スキンシップをするということです。
女の子は言葉で愛情を伝えると効果的ですが、男の子は言葉よりも態度で示す方が、効果的なのです。

私も、疲れてあまり構ってあげることができない時は、膝の上に乗せ、電車ごっこやハグなどをして愛情を注ぐようにしています。

派手な遊びはパパの仕事

ママさんはなかなか、激しい遊ぶをすることは難しいものです。
そんな時は、夫の協力を得るようにしましょう。

肩車や飛行機など、パパにしかできないスキンシップをすることで親子の絆を深めることに繋がりますね。

我が家でも、高い高いや肩車は夫の役目だと決めています。
仕事で疲れていて頼みにくいと遠慮するのではなく、ここは思い切って任せてみてはいかがでしょうか。

成長を見守る

男の子は落ち着きがないと心配するママさんも多いですが、成長を見守ることも大切です。

小学校、中学校に上がるにつれて落ち着きいてくるものですよ。
小さいうちは思いっきり遊ばせても良いと思います。

先輩ママからのワンポイントアドバイス

ここで、ワンポイントアドバイスをご紹介したいと思います。

息子にとってママは、初めての恋人

息子にとって、ママは初めての恋人なのです。
母乳やミルクをあげたり、初めてお風呂に入れるのも、ママですよね。
ですから、息子にとってママは特別な存在だと言えます。

いつか思春期に入った時にそっけない態度をされたり、嫌味を言われたりする日がくるかもしれませんが、心の中では母親の存在は一番大きいと言えます。
男の子を育てるにあたって、恋人と思って子育てをしてみてはどうでしょうか。

すると、わがままやママっ子もなんだか嬉しく思えてきませんか?

私も、息子から「ママ、よしよし」と頭を撫ぜられることがあるのですが、女の子にはない愛おしさが溢れてきますよ。

まとめ

可愛いけど育てるのが大変なのが、男の子です。
体力的にも大変ですし、ママっ子なのもしんどく感じてしまいます。

しかし、派手な遊びはパパに任せたり、落ち着きがないもの優しく見守るようにすると男の子の子育てがぐっと楽しくなります。

息子にとって、ママは初めての恋人と思い子育てをすることでより、愛情を持って接することができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする