水谷豊と伊藤蘭の娘・趣里は忖度無しの超実力派女優!気になる親子関係は?

画像引用元:https://twitter.com/shuri_0921

今回は、俳優・水谷豊伊藤蘭趣里についてお話しします。

『相棒』シリーズで知られる水谷豊と、キャンディーズの元メンバーとして知られている伊藤蘭ですが、実は娘・趣里も実力派女優として活躍しているようです。

芸能界のビッグネーム同士の娘である趣里はどんな人物なのでしょうか?

また、水谷豊と伊藤蘭との親子仲も気になるところです。

そこで、趣里の経歴や実績、人物像と女優としての実力、親子関係について詳しく掘り下げていこうと思います。

この記事で分かる事
・趣里の人物像
・女優としての経歴
・忖度の有無
・親子関係
・趣里の恋愛事情

伊藤蘭の娘・趣里の人物像について

✅まずは、趣里の人物像から確認していきます。簡単なプロフィールと共に、経歴を見ていきましょう。

趣里のプロフィールは以下の通りです。

プロフィール

・名前:趣里(しゅり)

・本名:水谷趣里(みずたに しゅり)

・生年月日:1990年9月21日

・出身地:東京都

・職業:女優

・学歴:大学名不明だが、高等学校卒業程度認定試験を取得して大学進学・中退

水谷豊と伊藤蘭の娘は、趣里(しゅり)という名前です。

1990年9月うまれということで2021年12月現在31歳。

父親の水谷豊は1952年7月14日うまれの69歳なので38歳差、母親の伊藤蘭は1955年1月13日うまれの66歳なので、35歳差になります。

大学在学中に演技学校『アクターズクリニック』に通い、大学を中退して2011年に女優としてデビューを果たしています。

顔画像もあるので確認してみましょう。

素朴で色白で、可愛らしいですね。

伊藤蘭にも水谷豊にもどちらにも似ています。

趣里の知名度が上がったのは、2016年の朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演したことがきっかけでした。

その後2017年にもドラマ『リバース』に出演するなど、女優としてのキャリアに一層磨きがかかっていったようです。

最近はドラマ・映画以外にもラジオ番組やトークショーなどにも出演し、活動の幅を広げています。

今後、水谷豊と共演する可能性もあるのでしょうか?

まだまだ進化が望めそうな、将来有望な女優です。

学歴・経歴

✅そんな趣里ですが、女優としてどのような経歴・実績を持っているのでしょうか?芸能界に入ったきかっけや、芸能界での活躍ぶりを見ていきましょう。

趣里は、4歳の頃からクラシックバレエを習っていて、将来バレリーナになりたいと思うくらいバレエに熱中していました。

小学校低学年で舞台に上がり、『くるみ割り人形』で主演を務めるほどの実力の持ち主だったそう。

スタイル良いな~と思っていたのですが、それはバレエをやっていたからなのでしょう。

全身画像を見るといかに細いかが分かりますね。

中高一貫校の桐朋中学校を卒業したあとは、同高校には進学せず、都内のインターナショナルスクールに3か月間在籍し、その後バレエの実力・知識を高めるため本場・イギリスへ留学しています。

メキメキと実力をつけていった趣里ですが、ジャンプ着地に失敗したことで足を怪我してしまいます。

なんとアキレス腱を剥離骨折してしまったのです。

「前みたいには踊れない」と残酷すぎる宣言を受けバレリーナの夢を諦めた趣里は、就活やアルバイトに励みます。

しかし、何かを表現したいという気持ちは消えず、軽い気持ちで塩谷俊の演技学校『アクターズスクール』のレッスンを受けたところどんどん演技にのめり込んでいきました。

父親が名俳優、母親が元アイドルということで二世のレッテルを貼られることに不安を感じていた趣里ですが、塩谷俊のこんな一言で芸能界入りすることを決心したそうです。

「でもお前は大丈夫だから頑張れ。女優を続けていけ」

そして4年生のときに大学を中退し、2011年にドラマ『3年B組金八先生・ファイナル 最後の贈る言葉 4時間SP』で女優デビューを果たし、その後も舞台・ドラマなど続々出演。

趣里の主な実績は、以下のようになっています。

♦ドラマ

・『とと姉ちゃん』

・『この声をきみに』

・『さよならぼくたちのようちえん』

・『イノセンス 免罪弁護士』

・『ハンチョウ Season4』

・『37.5℃の涙』

・『リバース』

・『ブラックペアン』

・『モトカレマニア』

・『光る壁画』

・『トットちゃん』

・『僕とシッポと神楽坂』

・『不協和音 炎の刑事VS氷の検事』

・『IS~男でも女でもない性~』

・『ボクらが恋愛できない理由』

・『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』

・『時効警察はじめました』

・『わたしのウチには、なんにもない』

・『私の家政婦ナギサさん』

♦映画

・『シグナル~月曜日のルカ~』

・『東京無印女子物語』

・『おとぎ話みたい』

・『上京ものがたり』

・『水の声を聞く』

・『東京の日』

・『過激派オペラ』

・『秋の理由』

・『母 小林多喜二の母の物語』

・『彼女の人生は間違いじゃない』

・『過ちスクランブル』

・『勝手にふるえてろ』

・『生きてるだけで、愛』

かなりの数のドラマ・映画に出演しているようです。

特に映画『生きてるだけで、愛』は趣里の演技力が高く評価された作品でもあります。

同作品では引きこもりでうつ病の女性を演じていますが、主人公の繊細で複雑な心境を見事に表現したとして『第43回報知映画賞 主演女優賞』へのノミネート、『第42回日本アカデミー賞 新人俳優賞』受賞など輝かしい功績を残しています。

一度挫折を経験した趣里ですが、「なにかを表現したい」という熱い思いは別の形で実現しています。

どんな形であれ、自分の目標や夢に向かってポジティブにアクションを起こすことがいかに大切か痛感しますね。

趣里には今後も、どんどん女優としてキャリアアップしてほしいです。

伊藤蘭の娘・趣里について世間の評価は?


✅さて、趣里について世間の皆さんはどんな意見を述べているのでしょうか?

Twitterでの意見を確認していきます。

どうやら、趣里が水谷豊と伊藤蘭の娘であることを最近まで知らなかった人が多いようです。

顔立ちはなんとなく似ていますが、たしかに言われないとお二人の子供だというのは分からないですよね。

それだけ趣里に存在感があるということなのではないでしょうか。

趣里の芸能界での活躍と2世タレントの忖度の関係は?

✅ここで気になるのは、やはり趣里に忖度が働いているかということですよね。水谷豊、伊藤蘭の娘である事実を趣里はどう受け止めているのでしょうか?

結論から言いますと、趣里は自力で芸能界で活躍していて、両親の忖度とは無関係といえます。

実は趣里、インタビューを受ける際には「親の名前を出さない」という条件を徹底していたそうです。

もともと趣里は、二世タレント扱い・親の七光りを重圧に感じていたため芸能界入りを躊躇っていました。

現代では2世タレントはそこまで珍しくなく、一瞬で消えてしまう2世も多いです。

そのため将来性を重視している2世タレントは、親の名前を伏せる傾向にあるんだとか。

実力で勝負したい趣里も、自身の将来を考えてあえて『水谷』の姓をを伏せていたのでしょう。

また古希を迎えた水谷豊は古希祝として「親子共演」を希望したのですが、趣里側から「まだ早い!」と断られてしまいました。

水谷豊は趣里のことを娘として大事にしていますが、それ以上の一人の女優として尊重しています。

こうしたエピソードからも、趣里は二世の名に甘んじることなく自力で活動し、またその結果として実力派俳優の水谷豊もその演技力を高く評価していることが分かります。

趣里はここまでくるのに苦しい経験もたくさんしたと思いますが、現在自分の力でしっかり立っています。

水谷豊も、そんな彼女のタフさを評価してくれているのでしょう。

親子仲について

✅趣里と両親の親子仲も気になります。どんな親子関係を築いているのでしょうか?

結論から言いますと、趣里と両親の関係は良好といえます。

趣里は以前「将来目指す女優は?」と聞かれた際に、元キャンディーズの田中好子、そして自身の母親で同じくキャンディーズ元メンバーである伊藤蘭の名前を挙げています。

このことからも、母と娘の関係は良好といえますね。

また、趣里の主演映画『生きてるだけで、愛』にて趣里が服を脱ぎながら商店街を失踪するシーンを見た水谷豊は大激怒してしまったそう。

親子断絶の危機までいったそうですが、これは決して仲が悪いわけではなく、娘を大事に思うからこそのケンカなのだと思います。

水谷豊は趣里が女優になることに反対していたようですが、それはこういう事態を避けるためだったのかもしれませんね。

溺愛しているからこその激怒したのかもしれません。

2021年には水谷豊サイドが親子共演を希望していることから、現在わだかまりは消え、一人の俳優・女優としてお互いをリスペクトし合える穏やかな親子関係に変わっているといえます。

趣里のストイックさや努力かな一面を両親も理解しているのでしょう。

今後も親子で支え合いながら、逞しく生き抜いていってほしいです。

趣里の恋愛・結婚について

✅現在31歳の趣里ですが、結婚・恋愛に関してはどうなっているのでしょう。趣里の恋愛や結婚について詳しくお話しします。

どうやら現在、趣里に彼氏はいないようです。

また結婚もしておらず、独身を貫いているとのこと。

結婚について聞かれた際には「今はない」と即答し、今はとにかく1人が楽しいという状況であることを明かしています。

ただ結婚に興味が無いわけじゃない、とも語っていることから、結婚願望が全くないわけではないことが分かります。

また、趣里は過去に俳優の田島優成さんと同棲していたのですが、田島さんが寝坊して舞台の公演が中止になり、記者会見を開くなどトラブルを起こしたため水谷豊が趣里を実家に連れ戻したというエピソードがあります。

こうしたいざこざが影響して、恋愛でめんどくさい想いをするなら仕事をがんばろう、1人で人生を充実させようという結論に行き着いたのではないでしょうか。

「1人で生きていける強さはちゃんと持っていたい」と語っていることからも、趣里は誰かに依存するような恋愛中心の生活を望んでいないことが分かります。

女性として本当にいい時期はまだまだこれからなので、趣里にはこの調子で素敵な大人の女性になってほしいですね。

まとめ


今回は、水谷豊と伊藤蘭の娘・趣里についてお話ししました。

要点をまとめます。

趣里について まとめ

・水谷豊と伊藤蘭の娘・趣里は女優として活動中
・バレリーナという夢を諦め芸能界入りすると、その演技力が高く評価される
・忖度はナシ
・親子関係は良好
・現在恋人はおらず、結婚もしていない

趣里がこんなに素晴らしい経歴を持っていたなんて、驚きです。親子関係を隠しながら芸能活動を続ける姿勢にも、頭が下がりますね。

これから先も女優としてキャリアを積んで、いずれは水谷豊と親子共演してくれればなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする